テストステロンとは

テストステロン」(Testosterone)とは男性ホルモンの一種で、

精力、筋肉増大、毛深さ、 蛋白同化作用(摂取したタンパクを筋肉に変える作用)の促進

など男性の性的特徴や精子の生産に強く関わりのあるホルモンです。

 

睾丸と副腎から分泌されます。

 

思春期を過ぎた男性は睾丸からの分泌が増加し、男性的な身体が作られます。

 

ちなみに女性は副腎からしか男性ホルモンは分泌されず、

分泌量はおよそ男性の20分の1で、陰毛の発毛に関与しています。

 

テストステロンの減少は一般的に30歳ごろからはじまり、年々少しずつ減少します。

 

また肉体に関わっているだけではなく精神にもその作用はおよび、

攻撃的な性格になるか、弱気な性格になるかという大切な事を左右する働きもあります。

 

「テストステロン」レベルの高い男性は物事に積極的で、

人々を支配しようとするため出世する可能性が高いとも言えます。

 

通常、男性は女性の10~20倍のテストステロンレベルを持ちます。

 

テストステロンは更年期前の健康な男性の血液1ミリリットルあたり、

16ピコグラム以上含まれますが、更年期になると15ピコグラム以下に下がってしまいます。

 

したがってテストステロンレベルが下がった時が男性更年期のはじまりと言うことになります。

 

また、テストステロンの減少率は個人差が大きく、

70代でも平均的な30代の男性と同等のテストステロン値の男性も稀ではありません。

Comments are closed