症状の個人差

男性更年期障害は症状の個人差がとても大きいそうです。

 

30代で症状が出る人もいれば、70代でも元気な方もおられます。

 

女性の場合は閉経というはっきりしたくぎりがあるわけですが、

男性の場合は年齢とともにだんだん症状がでてくるものなので、

男性更年期障害と気づかずに過ごしている人もとても多いようです。

 

男性更年期障害の診断は、血液検査によるFT値(フリーテストステロン値)の

測定値によって診断されるようですが、 まだわかっていないこともとても多く、

FT値が低いにもかかわらず一切症状が出ない人もいるそうです。

 

男性更年期障害の研究自体まだまだ始まったばかりのようですから、

わからないことが多いのも仕方がありませんが、

これから高齢化社会に移行していくわけですから、

ぜひ重点的に研究をしてほしいところですね。

Comments are closed