More from: 症状

クラチャイダムについて

どうも、管理人のたかしです。

 

このところマカとならんで注目されている、

クラチャイダム

について調べてみました。

 

クラチャイダムとは

タイ、ラオスを原産とした天然モノのハーブがクラチャイダムです。

 

1000年以上もの昔から、現地の人に愛され、

古くからタイシャム王国の男性に

滋養強壮ハーブとして親しまれてきました。

 

日本では、黒ウコン・黒生姜などとも呼ばれており、

沖縄でのみ生産を行っています。

 

元々は日本に自生する植物ではなかったクラチャイダムですが、

沖縄の北部で栽培することに成功し、

滋養強壮剤、栄養剤、精力剤の原材料

として生産が続けられています。

 

クラチャイダムは生姜と同じように、

根茎部分に多くの栄養素が含まれていますので、

この根茎部分から抽出したエキスが、

ドリンク、粉末、錠剤等に加工されて

さまざまな地域に出荷されています。

 

 

アルギニンの含有量はマカより多い

一般的なウコンとは違うクラチャイダムは

ポリフェノールを多量に含んでおり、

近年ではその効能が注目されています。

 

特にアントシアニンの含有率が高く、

アルギニンなどのアミノ酸も豊富に含んでいます。

 

このアルギニンには、

「男性生殖器機能の低下を回復させる効果がある」

と言われていますが、

クラチャイダムに含まれるアルギニンは

マカの2倍以上です。

 

アルギニンは、発育期にあたる子供の成長に必要な

準必須アミノ酸であり、

成人になると自身の体内で作られています。

 

最近の研究では、このアルギニンが不足すると、

  • 老化進行
  • 抵抗力の衰え
  • 免疫力低下
  • 生活習慣病

といった悪影響があると考えられています。

 

 

クラチャイダムがもたらす様々な効果

クラチャイダムに含まれる成分において注目すべきなのは、

アミノ酸の一種である「アルギニン」です。

 

アルギニンには一酸化窒素の生成を促進する効果があり、

この一酸化窒素が

勃起不全(ED)に大きな効果を与える

といわれています。

 

アルギニンは一酸化窒素の生成補助に役立ち、

減少回復の為に陰茎内部の毛細血管の拡張を補助し、

さらには血圧、血量増加でED治療に一定の効果を与えてくれます。

 

その他の効果としては

脂質の代謝促進、

糖尿病、

メタボリック症候群の改善

にも期待できます。

 

勃起不全(ED)の中でも

”器質性勃起障害”と呼ばれるEDは、

メタボリック症候群や糖尿病が原因の場合があります。

 

つまり、クラチャイダムの摂取を習慣づけることで、

ED予防にも期待が持てるといえるでしょう。

 

また、黒ウコン・黒生姜とも呼ばれる

ウコン・生姜の一種であるクラチャイダムは、

身体の保温効果を保ち、疲労回復、滋養強壮、

欝症状、美容美肌効果の改善にも役立ちます。

 

これらクラチャイダムの効果で、

勃起不全(ED)を身体的要因と心的要因の両面で予防・改善し、

長期的に若く健康的な体を維持することができます。

 

 

副作用はある?

クラチャイダムは、

ウコン・生姜の一種である天然の植物ですので、

これといった副作用はありません。

 

ですが行き過ぎた過剰摂取は

身体に悪影響を及ぼします。

 

普通に食卓に出てくる生姜でも、

多量の接取は胃腸に負担がかかってしまうのと同じです。

 

特にクラチャイダムは、

生姜の数倍の薬効成分を持つ

といわれていますので、

多量接取はいかなる理由があろうとも

避けたほうがよいでしょう。

 

 

クラチャイダムは男性更年期の症状改善に期待ができますね。

 

ただ、お値段的にはマカよりも少しお高くなるようです。

 

求めやすい価格の商品が出るといいですね。